原子衝突学会若手奨励賞

第18回原子衝突学会若手奨励賞募集要項

 広い意味での原子衝突およびその関連分野において,若手研究者の研究を鼓舞,奨励することにより,この方面の学問の発展に資する事を目的として,原子衝突学会は若手奨励賞を設けております.今年度も受賞候補者を公募します.なお,受賞者本人の業績を重視するため,推薦者(他薦)は紹介者と位置付けることになりました.一人の推薦者による複数名の候補者の推薦も歓迎します.優秀な研究者をご推薦下さるようお願いいたします.

1. 授賞対象

学位論文を含む,特に優れた業績をあげた1981年 4月 2日以降生まれの原子衝突学会会員個人とする.グループ研究であっても,個人のこれに対する寄与を評価する.
なお、産休・育休による休職期間がある場合には,その期間を上記の年齢制限に加えた年齢まで応募することができる.

2. 推薦方法

自薦もしくは他薦.他薦の場合の推薦者は会員・非会員を問わない.
今回推薦を受けた候補者は,授賞対象資格を保持する限り,原則として次回(第19回)の選考対象となり,その場合,次回新たな研究概要および資料を追加できる.

3. 件数および内容

原則として1件.賞状および副賞を授与.

4. 応募書類

5. 締切日

2017 年1 月22 日(金)必着 1月27日(金)必着

6. 書類送付先

以下のいずれかの方法により全ての応募書類を一括して送付のこと。

  1. 電子メール(PDFファイルなどで送信):
    原子衝突学会事務局 <acr-post@bunken.co.jp>
    ※件名を「第18回若手奨励賞応募書類」とすること
  2. 郵送(正1部、コピー4部を簡易書留にて郵送):
    〒162-0801 東京都新宿区山吹町三五八番地五(アカデミーセンター)
    株式会社国際文献社内 原子衝突学会事務局
    ※封筒に「第18回若手奨励賞応募書類」と朱書のこと

7. 選出、発表

 選考委員会の議を経て,原子衝突学会運営委員会にて決定する.2017 年5 月頃,候補者本人と推薦者に結果を通知する他,学会ウェブサイト,学会誌「しょうとつ」に発表し,年会にて表彰する.

8. ポスター

ここからダウンロードして下さい →ダウンロード(PDF)

原子衝突学会若手奨励賞歴代受賞者一覧

第1回

菱川 明栄 氏 (東大院理)
「強光子場中の原子分子ダイナミクス」

第2回

木野 康志 氏 (東北大院理)
「組み替えチャンネル結合法による反陽子ヘリウム原子準位と反陽子質量の精密計算」

鳥居 寛之 氏 (東大院総合)
「反陽子ヘリウムのレーザー分光」

第3回

中村 信行 氏 (理研)
「Tokyo-EBITを用いたネオン様イオンのX線分光」

第4回

高口 博志 氏 (理研)
「交差分子線散乱画像観測法による開殻系非弾性散乱の研究」

第5回

新倉 弘倫 氏 (NRC ステーシー分子科学研究所)
「電子・核相関波束対を利用したアト秒分子ダイナミックスの研究」

第6回

樋山 みやび 氏 (分子研)
「R―matrix/MQDT法による分子内殻励起機構の解明」

第7回

岸本 直樹 氏 (東北大学)
「時間相関2次元ペニング電子分光法による原子分子衝突電離過程の立体異方性の観測」

第8回

間嶋 拓也 氏 (コンポン研究所)
「有限多体系におけるMeVイオン衝突励起とその緩和過程に関する研究」

第9回

金井 恒人 氏 (理化学研究所)
「高次高調波を用いた原子分子のアト秒ダイナミクスの研究」

第10回

金安 達夫 氏 (九州シンクロトロン光研究センター)
「同時多重計測法を用いた低速多価イオン・分子衝突ダイナミクスの研究」

第11回

中野 祐司 氏 (理化学研究所)
「3次元コヒーレント共鳴励起を用いたX線-VUV領域の2重共鳴と磁気サブレベルコントロール」

第12回

山﨑 優一(やまざき まさかず) 氏 (東北大学多元物質科学研究所)
「分子座標系光電子角度分布による光イオン化ダイナミクスの研究」

榎本 嘉範(えのもと よしのり) 氏 (理化学研究所)
「カスプトラップでの反水素合成」

第13回

水野 智也 氏 (高エネルギー加速器研究機構)
「高速重イオン荷電変換衝突における分子分解過程の研究」

第14回

満汐孝治(みちしおこうじ)氏 (東京理科大学)
「ポジトロニウム負イオンの光脱離とポジトロニウムビーム生成への応用」

第15回 

該当者なし

第16回

永田 祐吾 (ながた ゆうご)氏(東京農工大学)
「反水素原子ビームの研究」
加藤 康作(かとう こうさく) 氏(大阪大学)
「高次高調波で探る高強度レーザー電場と原子・分子の相互作用の物理」

第17回

羽馬 哲也(はま てつや)氏(北海道大学低温科学研究所)
「低温H2O氷の光分解と脱離に関する実験的研究」

第18回

長濱 弘季(ながはま ひろき)氏 (東京大学)
「反陽子の基礎物理量の高精度測定」

ページトップへ